スタンディングデスク

オフィスの新しいスタイル、仕事が捗るスタンディングデスク

スタンディングデスク

オフィス環境最適化コンサルティング

スタンディングデスク導入コンサルティング
120,000円(IoTデバイス-aiko-使用料金込み)

<スタンディングデスクとは?>
スタンディングデスク導入後のMEMOテクノス社内の様子
文字通りイスに座らずに立ったまま仕事を行うことです。MEMOテクノスでは全ての社員・パートスタッフがスタンディングデスクで業務を行っています。

<スタンディングデスクのメリット>
・業務効率・生産性の向上
→立ち上がる必要がなく、作業の切り替えがスムーズに行えます。
・健康促進
→代謝が良くなり女性メンバーの冷え性が改善しました。
・時短会議
→立ったままミーティングを行うため、議論が活発になり所要時短も短くなりました。
・眠気防止
→座っている時に比べて睡魔に襲われにくく、作業スピードがアップ!

生産性アップに確かな効果があるスタンディングデスクですが、導入して定着させるにはある秘訣があります。MEMOテクノスでは、自社に導入する際にIoTデバイス-aiko-で行った実証実験のデータを多角的に分析することで、スタンディングデスクで業務を効率化する方法を確立しました。

IoTデバイス-aiko-

aiko システム図
<IoTデバイス-aiko-の製品概要>
自社にステンディングデスクを導入した経験を基に、設置環境を最適化するために開発されたツールが-aiko-です。圧力センサー、Wifiモジュール、社内LAN、インターネット、PCなどの端末で構成されており、デスクの高さやイスの利用状況、利用者の疲労具合などのデータを収集・分析することにより、無理のない範囲で段階的にスタンディングデスクの導入を進めることができます。
aiko スプレッドシート
スタンディングデスク導入に至るまでの具体的な取り組みが、ロボット革命イニシアティブ協議会の「IoTユースケースマップ」で紹介されました。ロボット革命イニシアティブ協議会は、デジタル化及びネットワーク化を活かしつつ高度のセンサーや人工知能を駆使して作業を行うシステム全般を、新たな「ロボット」の概念として広く位置づけています。
■ロボット革命イニシアティブ協議会

 

■製品紹介トップに戻る
■業務用放送機器
■真空管アンプ
■ロボット(自動機)
■IoT(センサー技術)

under1メールフォームからのお問い合わせ