製品の出荷検査の確度を上げ、品質を安定させたい!

【事例3】 製品の出荷検査の確度を上げ、品質を安定させたい!

お客様の悩み

繁忙期は徹夜で作業しなければならないほど出荷検査の業務が立て込むため、ミスが多くなってしまう。

MEMOテクノスからお客様への提案

製品出荷検査を自動化し、作業効率の改善と品質の安定を図ることをご提案しました。

具体的な解決策

出荷検査の効率化のため、検査項目や流れを分析。不良品の混入を防ぐ対策や近似色を識別できる装置を開発・製造しました。

★MEMOテクノスの解決ポイント★
  • ご要望の検査項目が一連の流れで実施できるように、ベルトコンベアを採用しました。
  • 不良品が混入している場合は最終的に排除されるようにしました。
  • バーコードスキャナーを用いてJANコードの確認を行い、画像認識センサーを用いて数量のカウントを行いました。
  • 茶や黒といった近似色でも識別可能にしました。

002-1 002-2

MEMOテクノスは音声・自動制御などの様々な保有技術を駆使して、お客様のお悩みを解決しています。
■事業内容(事業領域・保有技術・製品分野)