鉄道で使われる高声電話装置(トークバック)

こんにちは、株式会社MEMOテクノスです。

弊社への引き合いの中で数が多いのが、鉄道の高声電話装置の設置や修理に関する案件です。

“高声”(こうせい)電話という名称は、拡声器のように声を大きくする機能が由来になっているようです。

高声電話装置の使われている場所や場面

■駅のプラットホーム
■鉄道の操車場
■列車区・運輸区・機関区・車掌区・駅務区 等

・駅員が線路上に落下物を発見した時
・無人駅で利用者が問い合わせをする時
・無線を使用できない時の鉄道係員同士の連絡手段 等

通常業務を行う際の通話利用はもちろん、特に緊急時に関係機関へ速やかに連絡するための手段として、非常通報ボタンとともに大変重要な設備です。

鉄道の安全運行

MEMOテクノスの音声技術が安心で快適な鉄道運行を陰で支えています。

自動化技術で人手不足の企業をサポートする株式会社MEMOテクノス

■ロボットで繰り返しの単純作業やセキュリティ業務を自動化(自動機)
■IoTでデータ収集や稼動監視を自動化

under1メールフォームからのお問い合わせ

メモ君 ジャンプ