駅のホームで聞こえてくる鳥のさえずり ガイドメッセンジャーの役割とは?

こんにちは、株式会社MEMOテクノスの清水です。

本日は鉄道の駅に設置されているガイドメッセンジャーという機材についてご紹介します。

【ガイドメッセンジャーとは?】
外部スピーカーが不要の繰り返し放送できる装置です。設定した時間間隔やタイムスケジュールに沿って、あらかじめ録音した音声や音楽を繰り返し放送することができます。

ところで、読者の方は駅のホームで鳥のさえずりを聞いたことはありませんか?

ひょっとすると、それはガイドメッセンジャーに録音された鳥の鳴き声かもしれません。

実は、駅のホームに流れている鳥のさえずりは、視覚障害者の方に改札階段があることを伝えるための「合図」なのです。

恥ずかしながら、MEMOテクノスで働くまで、私はこの鳥のさえずりの本当の意味を分かっておらず、朝夕の満員電車の車内が殺伐とした雰囲気にならないよう、乗客にリラックスしてもらうための環境音だと考えていました。

目の不自由な方にとって、人や列車が行き交う駅は危険と隣り合わせの場所だと思います。

最近はホームからの転落を防止するホームドアの設置が進んでいますが、駅全体の数から見るとまだまだ少数派です。

点字ブロックやガイドメッセンジャーの音声など、さまざまな設備で視覚障害者の方をサポートしていますが、事故を未然に防ぐためには自分を含めた健常者の意識を高めることが重要ではないでしょうか?

株式会社MEMOテクノスは、駅に設置されている音響機器を通じて、お客様の快適な鉄道の旅を陰から支えてまいります。