業務用放送装置

音響システムのプロフェッショナルがあらゆる放送業務を自動化します!

・アナウンスロボット Any Talk
・ロボットアナウンサー smart
・ガイドメッセンジャー
・公共交通機関向け自動放送システム
・特注放送システム・放送業務自動化

アナウンスロボット


Any Talk(エニートーク)


any talk image

製品概要

any talk image2
エニートークは人に代わって放送を行うアナウンスロボットです。
あらかじめ任意の文章と放送スケジュールを登録しておくことで、人手が掛かる放送業務を自動化できます。
音声合成機能の搭載により、放送内容が変わる度に発生していた録音作業が必要ありません。
日本語は男声・女声の切替が可能。英語・中国語・韓国語放送にも対応します。

機能・特徴

①音声合成機能を搭載
放送したい文章をパソコンに入力するだけで自動で音源を作成して放送します。

②自動制御による全自動放送
あらかじめ放送内容を登録しておけば、放送スケジュールに従って自動放送します。

③非常時に役立つ遠隔放送機能
ネットワーク接続で遠隔地から放送することができます。

④業務効率化
男性・女性の声を簡単に変更できます。アナウンサーによる録音や編集作業は必要ありません。

適用事例① 小売店の販促放送

Any Talk image8
店内の案内放送を繰り返し行う小売店におすすめです。販促したい商品に応じて男性・女性の声を切替できます。

適用事例② 災害時の避難誘導

Any Talk image9
自然災害時に遠隔地から避難誘導できます。目の不自由な方への情報提供にも役立ちます。

■any talk(エニートーク)について問い合わせをする

ロボットアナウンサー smart


ロボットアナウンサー image

製品概要

ロボットアナウンサー smartは、最大3種類の放送を同時に出力できるタイマー付き定刻放送装置です。
読み間違えや放送忘れの心配がなく、放送業務の省人化に役立ちます。
センサーをトリガーにして放送できるため、異常や危険を周囲に知らせることもできます。

機能・特徴

①簡単、手間要らずの定刻放送
放送業務の省人化に役立ちます。読み間違えや放送漏れの心配がいりません。

②緊急時を想定した3系統放送
3系統(自動・マイク・警報)の同時放送が可能です。火災や地震等の緊急時に自動で警報を発報します。

③放送内容をらくらく変更
音源の変更はSDカードを交換するだけ。放送音源は多言語化対応が可能です。

④周辺環境の変化をすばやく告知
センサーで周辺環境の変化を検知します。災害発生時の減災や労働災害の防止に役立ちます。

適用事例 建設現場の異常発生時の注意喚起

ロボットアナウンサー image3
ロボットアナウンサーと風力計を繋げて建設現場の安全性を高めることができます。
具体的には、任意の風速以上の風を検知した際、現場担当者に作業を中断するようロボットアナウンサーが注意喚起します。
普段は放送装置として始業・終業・休憩時間の連絡などに利用できます。

製品仕様

電源入力:AC100V (50Hz/60Hz)
サイズ:420mm(幅)×120mm(高さ)×300mm(奥行)※突起部含まず
消費電力:約70W
電源出力:2回路AC100V/各10A
ブレーカー:1回路1.0A
スピーカー定格出力:75W負荷134Ω時
周波数特性:300Hz~10kHz±3dB
重量:約8.0kg
電源入力(1系統):ACインレットAC100V
電源出力(2系統):ACアウトレットAC100V(各10Wまで接続可能)
スピーカー出力(5系統):ネジ端子台(M3)定格出力75W負荷インピーダンス134Ω
警報制御入力(1系統):ネジ端子台(M3)両端子直結時動作開放DC24V短絡10mA
マイク入力:マイクジャックー55dBm/600Ω平衡

■ロボットアナウンサーsmart パンフレット(PDF)をダウンロードする
■ロボットアナウンサーsmartについて問い合わせをする

ガイドメッセンジャー


ガイドメッセンジャー image

製品概要

ガイドメッセンジャーは、あらかじめ録音した音声を内蔵スピーカーから繰り返し放送する簡易型放送装置です。
不特定多数の人に製品・サービスをPRするのに効果を発揮します。
小型&壁面取り付け対応なので、設置場所に困りません。

機能・特徴

①自由に放送時間を設定
時間帯調整(何時から何時まで)とインターバル調整(放送間隔)で放送時間の設定が可能です。
一度設定すれば、特定の時間と間隔で全自動放送します。

②簡単に放送内容を変更
パソコンを使用して放送内容を書き換えることができます。
用途や放送内容が頻繁に変わる場合でも、ユーザー様ご自身で簡単に文章を変更できます。

③停電時も使用可能
バッテリー内蔵により、停電が起こってもスケジュール通り放送できます。

④コンパクトサイズでらくらく設置
本体は場所をとらない奥行き10cmの薄型サイズです。壁掛にも対応しています。

適用事例① 公共施設における視覚障害者への誘導放送

ガイドメッセンジャー image2
視覚障害者に音で階段やトイレなどの場所を知らせます。

適用事例② 小売店における商品の販促放送

ガイドメッセンジャー image3
小売店のセール案内や行列誘導の放送に活用できます。

製品仕様

外観:壁掛け型 鍵付き扉ボックス
外形寸法:240 (幅) × 200(高さ) × 100(奥行) 
重量:約3kg
電源入力:AC100V
塗装色:AVライトグレー(カバー部)
スピーカ出力:10W/8Ω
再生音声:16bit 22.050kHz モノラル WAVファイルフォーマット
使用メディア:SDカード(512MB, 1GB, 2GB)
放送時間帯設定:1分単位24時間周期月差15秒 時刻停電補償バッテリー10年間
放送繰返し間隔:0秒 ~ 999秒 スイッチ設定
センサ入力:1回路 ブレイク時動作停止(出荷時短絡)

■ガイドメッセンジャーについて問い合わせをする

公共交通機関向け自動放送システム


image-n

システム概要

出発のアナウンスやBGM、ワイヤレスマイク放送など、公共交通機関の運行に対応した放送システムです。
当社の自動放送システムは多数の社会インフラで導入されており、定時運行と安全を陰で支えています。

①カラータッチパネル型放送音声自動制御装置

カラータッチパネル型放送音声制御装置

品名 カラータッチパネル型放送音声自動制御装置
寸法/重量 寸 法:176×420×260(H×W×D)
重 量:約8kg
特徴 公共交通機関向け自動放送システムの中核を担う装置です。複数の放送エリアに対し同時に様々な放送を行うために優先順位や音量、タイミングなどの自動制御を行います。また、時間帯によって放送制御をきめ細かく設定することができます。
開発秘話 「ユーザビリティ」を重視し、従来の機械スイッチを多用した製品ではなく、タッチパネルを採用しました。開発当初はタッチパネルの信頼性がやや低かったため苦労しましたが、試行錯誤を繰り返した結果、現在では公共交通機関向け業界No.1の導入実績の製品に成長しました。(電気設計担当:松井)

②300MHz ワイヤレスマイク受信機

300MHz帯ワイヤレスマイクシステム

品名 300MHz ワイヤレスマイク受信機
寸法/重量 寸 法:44×420×260(H×W×D) ※突起等を含まず
重 量:約4kg ※チューナ、ACアダプタを含まず
特徴 公共交通用の専用アナログ式ワイヤレスマイクシステムです。4つのチューナーを持ち、同時に4CH受信することができます。混信、いたずら防止機能、アンテナ自動給電に対応しております。
開発秘話 高密度の回路を高さ44mmの薄い筐体に搭載させることに大変苦労しました。何度も設計を見直し、基板や部品の配置を工夫することでようやく実現しました。(筐体設計担当:三浦)

③自動放送音源装置(音声合成方式)

自動放送音源装置(音声合成方式)

品名 自動放送音源装置(音声合成方式)
寸法/重量 寸 法:88×420×260(H×W×D)
重 量:約4.7kg
特徴 業界初の音声合成方式自動放送音源装置の開発に成功しました。音声合成方式を採用することで従来必要だったアナウンサーによる録音が一切必要ありません。任意の文章を4,000パターン以上設定し、全自動で放送することができます。
開発秘話 基板や部品の点数が多く、配線するのにとても苦労しましたが、これまでに積み上げてきたノウハウを活用して乗り越えました。音質は国内トップクラスと自負しています。

④遠隔地放送装置

遠隔地放送装置

品名 遠隔地放送装置
寸法/重量 寸 法:88×420×260(H×W×D)
重 量:約8kg
特徴 音声と制御をメタル回線により20km以上の長距離伝送が可能です。1回線に6台の端末を接続でき個別に制御することができます。光回線用のバリエーションもございます。
開発秘話 遠隔地へ放送を行う製品のため、放送回線の欠損が設計値と実測値で異なることがあり、放送回線欠損を見込んだ設計値の合わせ込みにとても苦労しました。


特注自動放送システム開発、放送業務自動化のご相談


当社は2006年の創業以来、500案件を超える特注機器の開発・製造実績があります。
特注の自動放送システム開発や、自動制御や音声合成技術を活かした放送業務の自動化をご提案します。
これまで培ってきた技術と経験を駆使してお客様のご要望を実現してまいります。
お見積もりは無料ですのでお気軽にご相談ください。
特注機器

製品紹介リンク・お問い合わせ

■ロボット(自動機)
■IoT(センサー技術)
■その他の製品・特注機器
■製品紹介トップに戻る

under1メールフォームからのお問い合わせ

メモ君 ジャンプ