ロボット(自動機)

業務効率化や生産性向上に役立つロボット

アナウンスロボット

Any Talk(エニートーク)

エニートーク

Any Talk(エニートーク)平成25年度相模原市トライアル発注認定製品
エニートークは、人の代わりに放送するアナウンスマシンです。あらかじめパソコン上のアプリケーションに任意の文章と放送スケジュールを登録しておけば、決められた曜日や時間に自動でアナウンスを行います。

<Any Talkの特徴>
○簡単操作  :放送したい文章をパソコンで入力するだけ。
○自動制御  :設定した曜日や時間帯に全自動で放送。
○遠隔操作  :ネットワーク接続で遠隔地から操作が可能。
○業務効率化 :アナウンサーによる録音や編集の手間なし。
○カスタマイズ:用途に合わせて操作ソフトの仕様変更が可能。

Any Talk 使い方

<用途>
公共施設や展示会場、小売店など、場所や時刻に応じて様々な放送を繰り返し行わなければならない場所に最適です。放送する内容に応じて男性・女性の声を変更することができます。自然災害時の避難誘導や目の不自由な方への情報提供の手段としてもご利用ください。

エニートーク 遠隔操作

<使用例>
●公共施設の案内放送
●店舗からの往来へのアピール
●混雑時や緊急時の誘導放送

★特に一刻を争う災害時に力を発揮します!
★遠く離れた場所から伝えたいメッセージをすばやく発信することができます。

ロボットアナウンサー

ロボットアナウンサー
<ロボットアナウンサーの特徴>
○全自動放送:初期設定後は自動放送で手間要らず
○マルチ放送:3種類の同時放送が可能 緊急時には警報発報
○簡単設定 :放送内容の変更はSDカードを差し替えるだけ

工事現場事業所

導入例
●工事現場 作業者への注意喚起や始業、終業、休憩時間の連絡
●事業所 始業、終業、休憩時間の連絡や館内放送

★突然の事象に対する注意喚起の放送をすばやく行えます。
★事業所内で定期的に放送を行うことで、業務にメリハリがつき、作業リスクの低減に役立ちます!

ガイドメッセンジャー

ガイドメッセンジャー
ガイドメッセンジャーは、あらかじめ録音した音声を本機内蔵のスピーカーから繰り返し放送できる音響機器です。

<ガイドメッセンジャーの特徴>
○自由に放送時間が設定できる
時間帯調整(何時から何時まで)とインターバル調整(放送間隔)で放送時間の設定が可能です。一度設定すれば、特定の時間と間隔で全自動で放送します。

○簡単に放送内容を変更できる
パソコンを使用してメディアの書き換えが可能です。使用する用途が頻繁に変わる場合でも、ユーザー様がご自身で放送内容を変更することができます。

スーパー

導入実績

●鉄道:駅構内の案内放送や視覚障害者への誘導放送
●小売店:セール品の店内放送や開店前の行列の誘導放送
●工事現場:歩行者への注意喚起

生産支援・管理ロボット

スマートデスク Shisho-no-desk

師匠のデスク
Shisho-no-deskは、内蔵されたディスプレイから作業者に視覚的な指示を出すことで、作業を支援・効率化することができるスマートデスクです。

<Shisho-no-deskの特徴>
分かりやすい原寸大表示で作業内容がディスプレイ上に表示されます。経験不足の作業者であっても、ナビゲーションに従うことで安心して業務に取り組むことができます。また、必要な情報があればディスプレイで検索できるため、資料探しや確認の手間が軽減され、作業効率を飛躍的に高めることができます。

★製品組み立ての作業場や飲食店の調理場等のOJTにおすすめです!

カウントマシン かずおくん

かずおくん

カウントマシンのかずおくんは生産の支援および管理をするロボットです。予め設定した数値のカウントが終了すると、音声や光で周囲に告知します。

<かずおくんの特徴>
○作業内容や目的に応じて、予めカウントする値を自由に設定することができます。
○かずおくんに搭載されているIoT技術によって、カウントしたデータを収集・分析します。
○管理者が外出などで職場から離れていても、作業者の進捗状況を確認することができます。
○製造業のあらゆる現場や作業に利用できるよう、状況に応じたカスタマイズができます。

★管理者が生産の進捗状況を確認する際、離れた場所から複数の作業者のカウント数を同時に視認することができます。
★作業スピードが速い作業者を選別し、その作業方法を共有することによって、生産性向上に繋げることができます。

コミュニケーションロボット

Pepper

Pepper
Pepper レンタル(合計3台)

<Pepperの特徴>
○遊んで学べる300種類以上の豊富なアプリケーション
○使用目的に合わせてカスタマイズが可能

<用途>
イベント・展示会場などでの接客・案内役に。
結婚式の余興や介護施設の慰問に。
その他、さまざまな場でのコミュニケーションツールとして。

■製品紹介トップに戻る
■業務用放送機器
■真空管アンプ
■IoT(センサー技術)
■スタンディングデスク

under1メールフォームからのお問い合わせ